Bullet Journal(バレットジャーナル )まとめ

手帳難民をしていた私が出会ったバレットジャーナルについて、まとめてみました。

2016年頃から導入したバレットジャーナルですが、好きな時に好きなだけ書ける方法が私に合っていて、ずっと続けられています。

バレットジャーナルとは

バレットジャーナルは、Rider Carroll(ライダー・キャロル)氏が考案したメソッドです。小さい頃からADD(注意欠陥障害)で悩んできた考案者が、頭の中を整理するために編み出しました。(バレットジャーナル公式サイト

箇条書きで、スケジュールや、TO DO、メモやアイディアなどを管理していくという方法です。

必要なものは、ペンとノートの2つだけ。

誰でもできるシンプルな方法で、バレットジャーナルは世界中の多くの人に活用されています。

バレットジャーナルの始め方

用意するものは、お気に入りのノートとペンだけ。

バレットジャーナルを始めるのに、用意しておくべきは、INDEX(目次)、年間スケジュール用のFUTURE LOG(フューチャーログ)などの数ページ。最低限のセットアップが終われば、すぐに始められます!

>> 詳しい「バレットジャーナルの始め方」はこちらから

バレットジャーナルの書き方

>> 詳しい「バレットジャーナルの書き方」はこちらから

バレットジャーナルを続けるコツ

 

 

バレットジャーナルは習慣化におすすめ

 

 

バレットジャーナルにおすすめの文房具

 

 

バレットジャーナルのページのアイデア

 

私のBullet Journal(バレットジャーナル )の中身

 

さいごに

どんなノートを使ってもOKのBullet Journal(バレットジャーナル )。

「今年はどんな手帳にしよう…」なんて悩みとはサヨナラできます。

バレットジャーナルにしてから、早数年。ページを無駄にしなくていいし、好きな時に好きなだけ書けるので、気持ちも楽ちん♪

タイトルとURLをコピーしました