【買ってよかった】マッサージガンで筋膜リリース!自己マッサージが続かない人の必需品

体を引き締めたい

じわじわと広まってきているマッサージガンを私もついに手に入れました。

近年、筋膜リリースのために多くのアスリートが取り入れているアイテムです。

フォームローラーやすとれっちぽーるのように設置は不要体勢は問わないので、座ったまま使うこともできます。EMS機器のようにジェルも入りません。

これが、狭い我が家で筋膜リリースをしたい私にジャストフィット!

力を込めてセルフマッサージするのも疲れていたり、体調が優れない日がそこそこ多い私も、スイッチひとつ押すだけで使えるので使うハードルがすごく低いです。毎日のように使っています。

ちなみに、多くのパーソナルトレーナーさんや、テニスプレーヤーの大阪なおみさんが使っているのはHYPERVOLT(ハイパーボルト)で、めちゃ高いです。

マッサージガンについて

Amazonでの「マッサージガン」を検索するとたくさんの種類が出てきます。数千円のものから、HYPERVOLTのように5万円以上するものまであります。

ブルブルという振動でマッサージするものではなく、ノックするように前後に叩いて筋膜リリースをする機器です。

管理人

これがとても気持ちいい

ChampionGunマッサージガンレビュー

購入したマッサージガンをご紹介します。これ以上にもっといいしれないと思うことはないくらい、この製品で満足しています。(耐久性以外に、大きくは違わないと思われます)

電源を入れるのは長押し。1回ボタンを押すと振動を始めます。強さを変えるにはボタンを1回ずつ押します。

豊富なアタッチメント

アタッチメントが6種類付属していましたが、ボールしか使っていません。

いちいち付け替えるのも面倒なので…。

でも、それで不自由は感じておりません。

強さ調整は5段階

レベル1〜5(最大3,200回/分振動)で調整できます。電源を入れたらLEVEL1になるので、好みの強さに調整する必要があります。

初めて使った時はLEVEL1で十分でしたが、慣れてくるとLEVEL2以上でないと物足りなくなってきました。

30段階の調整ができるマッサージガンもありますが、大体のマッサージガンの最大振動回数は大きく変わりません。

重さは0.76kgで女性におすすめ

本体の重さは0.76kgと比較的軽量です。

価格帯が幅広くて、数機種と悩みましたが、最終的な決定のポイントとなっったのは重さです。

HYPERVOLTより安価で、日本製で人気のマイトレックスリバイブは、0.68kgでさらに軽量です。

2万円近くするので、価格と重さと品質のバランスを取りたい方は、ChampionGunをお勧めします。

やった日とやらなかった日の差が全然違う

管理人

アラフォーの宿命なのか…体をほぐしてから眠らないと、眠りが浅いんです(体が痛くて)

オイルやクリームでマッサージするのがしんどい日も、マッサージガンならあてられるので、続いています。

本当は、お肌もしっとりするのでオイルマッサージが好きなんですが、自分で圧をかけないといけないので、肩が凝ってしまって苦手です。

足がどうしてもしんどいよ〜と泣きたくなる日も、座ったままでもベッドに横になったままでも使えるマッサージガンで体が軽くなります。

やらない理由がありません。

マッサージガンで刺激したいツボ

マッサージガンで刺激するとめちゃめちゃ効くツボをご紹介します。

かっこの中は、私が1番感じている効果です。

  • 足三里(浮腫が取れる)
  • 手三里(PC使いすぎの手が軽くなる)
  • 承山(足の疲れが取れる)
  • 湧泉(足の接地面がしっかりする)

(参照:とっておきの13のツボ/せんねん灸

基本的には、骨に当たらないように筋肉部分に全体的に充てていますが、充てている中で、「効く〜〜」となるところが足三里・手三里のツボでだったりします。

時間がなくても、とりあえずここだけは充てておこうと決めている場所です。

マッサージガンは気持ちいいけど、猫の手を借りたい

マッサージガンでの筋膜リリースの欠点は、お尻や背中のリリースが難しいところです。

文句を言わずに背中やお尻に充ててくれる人が欲しいな〜といつも思います。

背中やお尻をほぐしたい場合は、フォームローラーが確実です。

最近はベッドにこのマッサージボールを置いておいて、寝かしつけ中に背中をほぐしています。

さいごに

2020年、我が家の買ってよかったもの1位と言ってもいいくらいに良かったです。

依然ステイホームが続く中で、簡単に自分で自分を労れるアイテムです。

タイトルとURLをコピーしました