【歯列矯正日記】マウスピースとワイヤー矯正どちらがいいか【vol.2】

歯列矯正記録

歯列矯正の話が現実味を帯びてきた時に、改めて、マウスピース矯正(インビザライン)とワイヤー矯正のどちらがいいか、私なりに調べてみました。

最終的な決断をするための相談は、ちゃんとかかりつけの歯科医に相談しています。

いい歳なので目立ちたくない

もうすぐ37歳の私。今は専業主婦と言えど、それなりに社会でのお付き合いもあります。

(え…今頃歯列矯正してんの?!)

みたいに思われるのも嫌だなーという気持ちもありました。

歯列矯正と言えば、大好きな海外ドラマの「アグリー・ベティ」の主人公ベティががっつり装着しているワイヤー矯正器具のイメージ。

これを着けていて、“美しい”と思われることは、ほとんど無い気がします。

あわよくば、目立たないと言われるマウスピース矯正はできないものかと考えたときもありました…。

歯科医より、ワイヤー矯正を勧められる

矯正を決意する半年くらい前…定期検診の際に、マウスピース矯正について聞いてみました。

医師「モエギさんの骨格などから判断して、抜歯は必須になります。抜歯をするとなると、マウスピース矯正(インビザライン)の場合、ワイヤー矯正よりも時間がかかると予想されます。」

管理人

時間がかかるのは嫌だな…

医師「決してできないことはありません。3Dで治療計画を数万円で作ることもできるので、それを見てから判断してもいいと思います。」

管理人

治療計画だけで数万円…あまり向いてないって言われてるのにそのお金は出せないな…調整費に換算して半年分だもの

医師「ワイヤー矯正よりは痛くないのですごくいい治療法なんですが、やっぱり抜歯があると1番オススメだとは、私からは言いにくいです…」

私の歯並びの場合、

  1. ワイヤー矯正の方が治療期間が短くなりそう
  2. ワイヤー矯正の方が治療費が安く済みそう
  3. ワイヤー矯正の方が綺麗に整いそう

ということで、アッサリとマウスピース矯正をあきらめました。

マウスピース矯正(インビザライン)のメリットデメリット

私が検討したマウスピース矯正(インビザライン)のメリットとデメリットについて説明します。

管理人

自覚していた以上に歯並びは悪かったみたいで、選択の余地はなかったんですけどね(前歯がちょっと並びが悪いだけだと思ってました)

メリット

  • 治療中でも目立ちにくい
  • 何でも食べられる
  • 取り外しできるから歯磨きしやすい
  • 部分的な矯正だけでも気軽にできる
  • 口腔内を傷つけにくい

メリットを見るだけでも、すごく魅力的ですよね。小1長女のお友達で、すでにマウスピース矯正を始めている子もいるくらいの手軽さです。

デメリット

  • 失くしやすい
  • 食事前に外す作業が必要
  • 装着時間を守らないと治療期間が伸びる

飲食店で外した後に、透明なマウスピースは店員さんが識別しにくく、食器を下げる時などに誤って回収されてしまった…なんてこともあるそう。

失くしてしまった場合には再作成できるそうですが、その期間は治療を中断しなければならなくなってしまい、その分治療期間は長引くみたいです。

あとは、学校給食の前には、必ずトイレに行って外さなくてはならず、知らないお友達から見ると「何してるの?!」とビックリされて恥ずかしい思いをしたなどという体験談も聞きました。

管理人

私はズボラなので、食事前の着脱、着脱の度に洗う…などといったこまめな作業は向かないなと感じました

私でもインビザラインじゃない?とちょっと思ったきっかけの動画を貼っておきます。私の場合、比較的左右対称の歯並びの悪さだったので、この人たちより本気でマシだと思ってました…。多分歯の移動距離の問題なのかも。

ワイヤー矯正のメリットデメリット

ワイヤー矯正のメリットデメリットについて、解説していきます。

メリット

  • スタンダードな手法なのでどんな歯並びにも対応
  • 裏側矯正なら目立ちにくい
  • 料金・治療期間がマウスピースより据え置き
  • 着脱しなくていい

私のように深めの過蓋咬合で、顎が小さく、前歯が渋滞していてもワイヤー矯正で綺麗にできます。(期待!)

抜歯が必要な場合、ワイヤーの方がマウスピースより早く動いてくれるとのこと。

デメリット

  • 歯磨きしにくいため虫歯に注意が必要
  • 好きなものを思い切り食べられない
  • 強めに動くので3〜7日程度痛い
  • 表側矯正の場合、見た目が悪くなる
  • 裏側矯正の場合、喋りにくくなる

私は表側矯正なんですが、ブラケットは白色(透明?)で、思っていたよりも目立ちにくいというのが正直な感想です。

家族に聞いても、「そんなにヤバい見た目の変化はない」とのことでした。

ワイヤーも想像よりも細く、大笑いしなければ剥き出しになりません。

子供の不意の頭突きには要注意です。

装着当日は、口内炎のお薬と、ブラケットが当たって痛くなった場合に乗せるワックスをいただきました。

これを書いているのは装着3日目なんですが、口内炎も出来ず、ワックスが必要になる場面はまだありません。違和感は当然あるものの、いつも通り暮らしています。

ワイヤー矯正に可能性を感じている

私はもしかしたら歯が動きやすいのではないかと思っています。

というのも、抜歯の際に“骨が柔らかい”と言われたから。もしかしたら、それとこれとは別の話なのかもしれません。

ただ、抜歯して数日後、奥歯の噛み合わせに違和感を感じるようになってきていて、どうも歯が少し移動しているようなんです。

実際、抜歯の箇所が埋まるのに時間はかかるんだと思いますが、一般的な期間と比べてどの程度違うのか…ちょっと楽しみです。

管理人

一般的に抜歯後の隙間が埋まるのは1年〜1年半くらいだそうです

YouTuberマリリンさんの矯正動画です。笑顔が素敵になってますよね。

私も思い切り笑顔で過ごしたい!!

前の記事

【歯列矯正日記】37歳目前で抜歯矯正始めました【vol.1】
本文を読む

次の記事

【歯列矯正日記】器具装着前の抜歯をしました【vol.3】
本文を読む
タイトルとURLをコピーしました