出産後に筋トレを始めたきっかけと、続けた理由…今の体型をご紹介

産後に筋トレを始めたきっかけ_体を引き締めたい
産後に筋トレを始めたきっかけ_

33歳で2人目を出産したNaomiです。

この記事を書いた時は35歳くらいです。今は37歳。コロナ禍で在宅の夫と楽しくワインを飲んでいたらお腹が出てきたのでまた頑張ります!(ワインはヤバいですね)

運動嫌いな私が筋トレを始めたきっかけをお話しさせていただきたいと思います。

どれだけ嫌いかというと、やらされている感が満載の体育は手を抜きまくり、わざわざ汗をかいたり、息が切れるほど疲れるのも、昔から好きじゃなくて避けまくり。

カロリー消費のためだけに意味無く歩くのも、否定的というくらい嫌い。お布団大好き。

そんな私も筋トレをして変わってきました。読み終わった頃には、「私も筋トレ始めてみようかな♪」なんて思ってもらえると思います!

出産も子育ても体力勝負!カロリー制限で痩せて大丈夫?

出産も子育ても体力があってこそ!

出産してからすぐ、昼夜を問わずの子供の世話が始まり、疲れは回復する間もありません。

長女の時に消耗した体力は、全く回復した気がせず、そのまま2人目を妊娠・出産。

健康的な食事を…と思って、和食中心で油物は控え、野菜をたっぷりと食べる生活をしていたのですが、この頃はまだタンパク質の重要性に気づいていませんでした。

カロリー制限のおかげで、数ヶ月で出産前の体重に元どおり。でも、スタイルは悪く、服も似合わないし、顔もやつれてしまいました。子供がもらってきた風邪や胃腸炎に、私もかかるという悪循環も多かったです。

これでは、夫の出張が多い我が家は回らなくなってしまいます。

”このままじゃヤバイ…!”

食事を控えめにすること(=カロリー制限)をやめて、いかに体力を付けるかを重視することにしました。

体重はカロリー制限で落ちますが、過度なカロリー制限は体力が激落ちします。見た目もキレイにはなれません。タンパク質の量も計算の上で、カロリー制限をした方がGOOD!

手早く体力を付けるには筋トレが一番ということに気付く

すぐに疲れてしまう自分の体、疲れてしまうとなかなか回復しない自分の体…とにかく悪循環

ここで運動を取り入れると、余計に疲れてしまって、泥沼にハマってしまうんじゃない?!と思うかもしれません。

実際私も思ってました。

悪循環から抜け出したいと切実に思っていた私は、筋肉が増えるメリットに目を向けました。

筋肉が増えるメリット
  • 疲れにくくなる
  • 若く見えるようになる
  • ポジティブになる

これぞ、私が求めていたやつ…!

ジムに入会することを決意しました。

ちなみに…そもそも筋トレする体力が無いんですけど…と思いますよね?”筋トレをする体力が無い”という部分は、サプリメントに頼ってなんとかしました。

体力無しの状態の筋トレは、何から始めたか

スクワットから始めました。

ジムに入会する前に、1日30回やろうと思って、2週間ほど頑張りました。

出産後すっかり四角く、平らになって、太ももと同化していたお尻。

2週間やっただけじゃ、変化なんて表れるわけないよな〜と思っていたんですが、四角いお尻が丸くなりましたよ!

【スクワット】2週間でいいからやってみて!続けてみた効果と感想

モチベーションの維持の方法

モチベーション維持の方法は、ズバリ、目標を、目先の目標じゃなくて、将来的なところに置くことです。

筋トレは、正直辛いです。

なんで私鍛えてるんだろう…って思うことも多々あります。今日も思いながらやっていました。

それでもやるんです。

私の場合は、「夫がリタイアした時に、一緒に世界中を歩いて周りたい」という大きな夢があります。自分の足で歩いて、いろんなところ見て回る。手を繋いで、買い物に行きたい。

それを叶えるのも筋トレの積み重ねだと思っています。

だから頑張れる。

で、ついでに肌のハリも出て、お尻も上がって、姿勢も良くなる…一石二鳥以上ですよね♪

”とにかく続ける”ためのコツ

自分の行動を決めることです。簡単じゃないですよね…。

私の場合ですが、

  • ジムに行く曜日を決める
  • ジムに行ったら最低限やる種目を決めておく

乗り気じゃなくても、とりあえず行けば最低限の筋トレメニューをするようにしました。行けば必ず筋トレをやれる状態にまで持っていくことで、継続できました。

体調の具合によっては、減らすことも、増やすこともあります。

雨が降っても、雪が降っても、風が強くても、暑くても寒くても、とにかく決めた曜日に行くことで、”行かないという選択”を消しました。

宅トレを頑張る人であれば、

  • 朝起きて歯磨きをし終わったらやる
  • 最低でもスクワットとプランクをやる

などのように、毎日必ずやる習慣にくっつけるのがオススメです。そして、その際にやることを短時間で終わるようなものにしておくことです。

できれば、絶対に子供に邪魔されない時間で、くっつけるとうまくいきます。

ゆるめの筋トレを続けた今の体型は…?

マシントレーニングを1年。

ジムのスタッフさんに教えてもらって、ダンベルやバーベルを使ったフリーウェイトでの筋トレを1年。

体型の変化は…

  • お尻:タイトスカートが似合うようになった
  • お腹:力を入れると縦筋が見えるようになった
  • 姿勢:猫背が改善した
  • 歩き方:お尻の筋肉を使えるようになった

といった具合。

もともと胃が弱くて、脂っこいものが苦手でしたが、胃が丈夫になって食べられるようになりました。(丈夫になりすぎたかも…)

そのため、体重も増えました。ですが、増えた体重の8〜9割が、筋肉量でした。

ちょっと体重が予想以上に増えてしまったので、体が重いですが、体脂肪量をもう少し減らすことができれば、大満足だと思える状態です。

単なるカロリー制限だけだったら、得られなかった体だと思います。

筋トレをしていて一番よかったこと

筋トレをしていて、一番よかったと感じたことは、病気にかかりにくくなったことです。s

病気にかかって寝込まない分、有効に使える時間が増えますし、子供の遊びに付き合えます。

病気にかからず、元気に楽しく過ごす時間が増えるのは、私にとってはすごく大きなことでした。

めんどくさい、疲れた、もうやりたくない…

そんなネガティブワードが激減したので、家族も前向きになりました。

さいごに

今でこそ、筋トレブームで、筋トレ人口が増えましたが、ただダイエットやスタイルを良くすることばかりに目を向けてしまうと、続きません。

放っておいたら老化は進むばかり。

何歳からでも遅くないのが、筋トレです。

体型も、気持ちも上向きにするべく、ちょっとだけでもいいので、一緒に筋トレをはじめてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました